鴨の歌

オリジナル曲の配信およびボーカロイドの調教方法・作曲方法についての講座を公開中【隔週刊】ボカロPになりたい!

たかが結婚、されど結婚


とりあえず記事をブックマークしちゃう?( *´艸`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

http://www.flickr.com/photos/20415994@N00/145150218

 

 最近、結婚について考えさせられる機会が多かったので、結婚について書きたいと思います。

 柄にもなく、まじめに考えてみました(笑)ヾ(´∇`。*)ノ

 

筆者の結婚論について

 

 筆者自体は、少なからず25歳程度から結婚について考えはじめました。(現在進行形)

 

 結論からいうと、『財政面』と『安定面』のバランスと見通しが、男性が結婚を考えるポイントなのではないでしょうか?

 

 財政面=お金がないから結婚できないなど

 安定面=仕事が不安定、幸せにできる自信がないなど

 

 筆者が今まで結婚していない理由は、『財政面』的にはある程度基盤があり、結婚する環境は整っていましたが、仕事を変えたい等の私的な理由があったため『安定面』的な部分で不安があり、仕事を変える度に付き合っていた彼女に別れを切り出しました。

 

 お互い嫌いじゃないのに、別れるって辛いですね。

 

 自分なりの結婚論になりますが、結婚とは『どんな人生も、二人でともにする覚悟』があるかどうかだと思います。
 言い訳かもしれませんが、彼女を不幸にしない覚悟を持つと同時に、不幸にしてしまう覚悟も同時に持てなかったというべきでしょう。

 

 まぁ、別れた彼女達は1年前後で早々と結婚してしまったんだけどね(苦笑)

 ん??1年で結婚って、実は交際中&別れる手前に浮気相手やキープ君がいたのだろうか?(´・ω・`)

 結婚できるほどの良い女性と付き合ってたんだから自分の恋愛論に、良い影響をもたらしてくれただろうから『ありがとう』というプラスの方向で捉えておこう。

日本の財政状況と結婚

 筆者の結婚論とは真逆のケースで、若いうちに結婚したいけど、『財政面』の基盤が無いので、できないってこともあるのではないでしょうか?


 全然給与増えない中で、結婚資金が貯まらんとかさ。
 言い訳じゃなくて、切実に。

 

 アベノミクスさんが、このあたりの問題解消してくれたら、結婚早まるかもね。

 

 あとは、女性の社会進出も進んでいるけど、20代女性の平均手取りが16万前後だろうから、自立した一人暮らしの女性が少ない点も影響してくるのかなぁと感じます。

 筆者の私見ですが、実家暮らしの女性(特に30歳前後)って、自分が何もしなくても周りがなんでもしてくれる環境にあるので『かたづけてくれるのがあたりまえ』、『車で送り迎えあたりまえ』、『おごってもらうのあたりまえ』な女性が多いと感じます。

 ちょっとした事だけど、『車庫の開け閉めを手伝う』とか、『食器を下げたり、ごみを分別して整理』など、BBQ等の複数の男女で遊ぶ機会で、人間観察していると例にあげた部分がちゃんとしている人って、男性的にはポイント高いですよ。

 上記のような気づかいができる女性って、一人暮らしの人が多いかなって思います。

 

 特に、筆者は一人暮らし歴が長く、一般の女性より家事全般が得意なので、付き合う&結婚するメリットってなんだろ?って考えることが多いです。

 やばい、独身貴族になるケースや。

 

男性と女性の結婚論の違い

 結論から言うと、男性はある程度安定してから結婚を考えるが、女性は時間的制約によって早くから結婚を考え始めるといったところでしょうか?

 

 男性は、資産価値を高めるために『力』を磨き

 女性は、自分の魅力を高めるために『器量』を磨く

 

 そう考えるとなんとも面白い構図ですね。

 

 ■男性

 男の資産価値が、年齢とともに上昇していく点も結婚と大きな関係があると考えます。

 さまざまな年齢別統計によれば、25歳の平均年収は約300万円、貯蓄額は100万円余りである一方で、 35歳の平均年収はおおよそ500万円、貯蓄額は700万円程度です。

 つまり、35歳のほうが資産価値が高い男になっているということです。

 25歳のときには魅力度60点くらいの人とカップルにならざるを得なかった男も、35歳では80点くらいの女性も視野に入るということです。

 

 筆者もそうですが、男性は年を重ねるごとに良い女性と理想が高くなってしまう部分はありますね。

 できれば、若くて、綺麗で、性格が良い女性というように・・・

 

 ■女性

 女性は、出産のリミットが35歳と言われるように、男性の資産価値が高まる35歳には、子供が産みにくい体になってしまうという点が大きいと考えます。

 したがって、学生時代に将来有望な男性を確保するか、20代の一番美しい時期に自分を磨いて資産価値の高い男性を確保するかといった具合ですね。

 そういう面では、男性に比べて、結婚に対する思い入れと動き始めるタイミングが早いと言えます。

 30代の女性が悪いとはいいませんが、仕事やパートナーに恵まれなかった等の理由で、綺麗で、自立していて、男性に合わせられる女性って少ないと思います。

 男女共にですが、年齢が増すにつれて自我が強くなり、同じ30代同士のカップルだと、自分の物差しで相手を計ってしまうので、お互いに反発しやすくなりますしね。

 よく最近耳にする、『倍以上男子』っていう年の差カップルをよく聞きますが、年の差がある方が、別の個体としてお互いを認め合うことができるので案外相性はいいのかもしれません。

 20代女性が40代の男性を確保してしまうと、30代女性の貴重な結婚資源である40代男性がいなくなってしまうという、30代女性が辛い展開が・・・

 男性にとってはうれしい限りなのですが・・・

 

お見合い結婚と恋愛結婚

 昔って、お見合い結婚が主流だったから、今はとても幸せな時期に生まれてよかったなぁって思います。

 

 結婚というただそれだけのために、親に進められた好きでもない人と家庭を持ち、
好きでもない人の子供を産んで、育てることがどれだけつまらない人生か・・・

 でも、死んだおばあちゃんとおじいちゃんは仲がよかったけど、幸せだったんだろうか?


 好きな人を選んで、その人と自分の子孫を残して、育てる事ができるって、昔から考えたらとても幸せなんだなぁって思います。

 それなのに、家庭内DVとか幼児虐待とかって昔も少しはあったんだろうけど、最近ニュースで多いのはなんでだろう?

 

以上、駄文を長々と書き連ねていますが、最後まで読んで下さった皆様ありがとうございました。(*´˘`*)♡

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする