鴨の歌

オリジナル曲の配信およびボーカロイドの調教方法・作曲方法についての講座を公開中【隔週刊】ボカロPになりたい!

うたかたびと(作詞風)


とりあえず記事をブックマークしちゃう?( *´艸`)

このエントリーをはてなブックマークに追加

うたかたびと

作詞 鴨南蛮

作曲 募集中

 

ぎゅっとして ぎゅっとして 

ぎゅっとしてが 愛言葉

怯えた子猫のように 愛を求める

 

あなたのこと 信じてた

そんな私が 馬鹿だった

はじめから 分かってた

あなたは 遊びだったこと

 

ただ もう一度 抱きしめて

満たされない あなたは何処にいるの?

あなたの 温もりが恋しくて

あなたの 優しさが儚くて

 

ぎゅっとして ぎゅっとして 

ぎゅっとしてが 愛言葉

飢えた獣のように 愛を確かめる

 

添い寝する だけだった

軽い気持ちで 一夜を過ごした

心の中で 求めていた

あなたと 重なりあいたくて

 

人並みの 恋をしたかった

欠陥人間 薄っぺらい愛しか知らないの

じぶんの 存在意義確かめて

じぶんの 居場所が欲しかった

 

ぎゅっとして ぎゅっとして 

ぎゅっとしてが 愛言葉

 

産まれて こなければよかったと

何度も 自分を傷つけて

紅に染まる 景色をみつめて

薄れ行く意識に 安らぎを覚える

 

ぎゅっとして ぎゅっとして 

ぎゅっとして・・・

 

刻まれた 傷の数だけ

もう恋しないと 決めたのに

自分の居場所 探し続ける

 

【作詞の背景】

うたかたびと=はかなく消えてゆく人=儚い恋(あわいこい)

という意味です。

 

スターマインの方を作曲してみたい!って人がいたので

嬉しくて、もう一曲書いてみました。

 

V系の歌が好きで、V系ぽい歌を意識して書きました。

2時間くらいで考えたのでクオリティー低いかも。

 

主人公の女性(年下設定)は、生まれもってのコンプレックスがあって

うまれてこなければよかったと、何度も思い、自分を傷つけることで

自分の存在意義(抱かれることや傷つくこと)を確かめているというようなストーリーです。

 

うたかたびと=弄ばれた相手

うたかたびと=死を望む自分

 

を掛けてみた、自分では深い詩だなぁって思っています。

 

V系といえば・・・リスカネタ(爆)

最近の若年層は、自分の居場所を探しているってなんかのニュースでみたので、そういうシチュエーションを歌詞に盛り込んでみました。

 

時間があったら、もう少し歌詞を追加したり校正してみようかな?

 

メロディー的な部分は、なんとなく頭にあるけど、歌詞を作曲する能力がない!!

ボカロの操作法覚えて、なんとなく歌にしてみたい1曲です。

 

【工夫点】

①欲望をダイレクトに歌詞に!!

②売れ線の歌はなんか、サビ3回くりかえしているイメージ(笑)

③作曲しやすいように なんとなく韻を意識してみた

④女性が共感できるネタを歌詞にいれてみた

広告を非表示にする